mobcastスポーツ

野球ニュースはモブスポから。

2017/9/14 19:30

阪神 大山が先制2点タイムリー「抜けてくれてよかった」


1回、左前に先制2点適時打を放つ大山(投手・菅野)=撮影・山口登


43pt

 「阪神-巨人」(14日、甲子園球場)

 阪神の大山悠輔内野手が一回、チャンスで左前への適時打を放った。この日は「5番・一塁」で先発出場。糸井、福留とクリーンアップを担う若虎のバットから、貴重な先制点が生まれた。

 一回だった。巨人先発のエース菅野の立ち上がりを一気に攻めた。1死走者なしから、2番・上本が中前へポトリと運ぶ安打で出塁すると、糸井は11球粘り左前へ。2番、3番の連打でチャンスメークに成功した。

 その後2死二、三塁となって、打席には大山。1ボールからの2球目だった。152キロのツーシームに反応すると、打球は高いバウンドで三遊間を抜けていった。3試合ぶりの安打が先制の適時打に。

 大山は「いい投手なので、どんな形でも先制点をとろうと思い、必死に打ちにいきました。抜けてくれてよかったです」と振り返った。

 ここ4試合で、打率・059と苦しむ大山の一撃で、走者2人が生還。2-0とし、まずは阪神が先手をとった。

提供:デイリースポーツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

野球新着記事

野球新着記事をもっと見る

閲覧数ランキング

閲覧数ランキングをもっと見る

オススメコンテンツ

mobcastスポーツからのお知らせ

お知らせはありません。

お知らせをもっと見る

野球コンテンツ

プロ野球実況LIVE

プロ野球実況LIVE

プロ野球全試合の開始から終了まで実況配信!コメントを書き込んでみんなで一緒に楽しもう!

PAGE TOP