mobcastスポーツ

サッカーニュースはモブスポから。

2017/10/13 17:15

うつ病に苦しんだ"皇帝"アドリアーノが復帰を示唆「もう一度プレーしたい」


556pt
 かつてインテルなどで活躍し、"皇帝"のニックネームで親しまれた元ブラジル代表FWアドリアーノが、現役復帰を示唆したようだ。ブラジルメディア『Globo』がそのインタビュー内容を報じた。

 今年5月にNPSL(ナショナル・プレミア・サッカー・リーグ/4部相当)のマイアミ・ユナイテッドと契約を解除後は無所属の状態となっていたアドリアーノ。一時はブラジル・リオデジャネイロで最も危険とされるスラム街の1つ、ファベーラで生活している姿が報道され、現役復帰は難しいと予想されていた。

 同メディアのインタビューでアドリアーノはまず、「父が死んだ後、僕はこのうつ病のトンネルに閉じ込められた。僕はそこから出ることができなかったよ。(当時所属していた)インテルで心理的なサポートを受けていたんだ。しかし、うつ病は僕が考えていたよりもずっと大きな問題だった」と、うつ病に悩まされていたことを明かした。

「ブラジルに戻って2006年にサンパウロに加入した。そしてジョゼ・モウリーニョが僕をインテルに戻そうとした。しかし以前のようにいかなかった。昔ほど僕は強くなかったんだ。もう海外でプレーする精神的な強さは持っていなかったよ。家族と一緒にいたいと思ったんだ。家族のおかげで僕は本当の暗い道を歩くことはなかったんだ」 

 うつ病から逃れるため過度な飲酒や、暴力沙汰など様々な問題を起こしていたアドリアーノ。現在は事実上の現役引退と見なされているが、"どん底"を経験したアドリアーノは再び現役復帰の願望を抱いているようだ。

「僕は長い間プレーしていないが、体はできているよ。もう一度プレーしたい。クラブがなくてもトレーニングに戻りたいんだ。自分の限界を克服することができるという証明するためにね。それ(トレーニング)は僕がまだプレーできるかを実感できる唯一の方法だ」

【関連記事】
●"怪物"の悲劇的な末路は…元ブラジル代表FWアドリアーノ、スラム街の住民に
●ピルロにまつわる10個の事実…ガットゥーゾいじりやプレステが好き
●元バルサのメキシコ代表主将DFマルケス、麻薬組織関与で米財務省から制裁
●引退示唆の35歳カカ、オーランド・シティ退団を発表…去就に注目
●サンチェスの同僚がチリのW杯出場を阻んだ? 1つの判断ミスが命取りに

提供:サッカーキング - ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サッカー新着記事

サッカー新着記事をもっと見る

閲覧数ランキング

閲覧数ランキングをもっと見る

オススメコンテンツ

mobcastスポーツからのお知らせ

お知らせはありません。

お知らせをもっと見る

野球コンテンツ

プロ野球実況LIVE

プロ野球実況LIVE

プロ野球全試合の開始から終了まで実況配信!コメントを書き込んでみんなで一緒に楽しもう!

PAGE TOP