mobcastスポーツ

サッカーニュースはモブスポから。

2017/10/18 08:21

Jで活躍、今夏引退の38歳FW…古巣ケルンの救世主に?「復帰したい」


248pt
 日本代表FW大迫勇也が所属するケルンが、深刻な得点力不足に苦しんでいる。ブンデスリーガ開幕8試合勝ちなしと低迷する古巣に、元スロヴェニア代表FWミリヴォイェ・ノヴァコビッチ氏が"救いの手"を差し伸べる意思を示した。ケルンの地元紙『エクスプレス』が同氏から話を聞いている。

 現在38歳のノヴァコヴィッチ氏は2006-07シーズンから5年間に渡ってケルンでプレー。計74ゴールを記録し、最も成功した外国人ストライカーの一人として認められている。2012年からは日本でプレーし、大宮アルディージャと清水エスパルス、名古屋グランパスで活躍した。2015シーズン限りで母国復帰が決まり、マリボルで昨シーズンまでプレー。現役引退を決断したが、愛するケルンの苦境に居ても立ってもいられないようだ。

「タダでも良いからクラブに復帰したいね。3週間、時間をくれれば、エネルギーを蓄えてフィットしてみせるよ。10ゴールは決められると信じている」

 ノヴァコヴィッチは記者の前で自信を示した。現役引退を決断したとはいえ、今年6月でスロヴェニア代表としてプレーし、クラブのリーグ優勝にも貢献している。コンディションを整えれば、まだまだ活躍できると考えているようだ。

「2012年の降格は、未だに自分の中で消化できていない。あの当時、なぜ降格したのかは分かっている。あの借りを返さないといけない。私の心はケルンとともにある!」

 ケルンは39歳の元ペルー代表FWクラウディオ・ピサーロと契約したばかり。16日付のドイツ誌『キッカー』は『エクスプレス』の同記事を紹介しながら、「確かにピサーロとの2トップが実現すれば魅力的ではある。だが、それ以上ではない」と冷静な評価を下している。

【関連記事】
スペイン紙が最も足の速い選手10名を掲載…1位はあの選手
「CL優勝したことがない」ベスト11が豪華すぎると話題に
実はバロンドールを受賞したことがない10人の偉大な選手たち
イブラやピルロ、レヴァンドフスキも…サッカー史に残る「最高のフリー移籍」
不運過ぎる? ピッチ外のアクシデントで離脱を強いられた12名の選手たち

提供:サッカーキング - ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サッカー新着記事

サッカー新着記事をもっと見る

閲覧数ランキング

閲覧数ランキングをもっと見る

オススメコンテンツ

mobcastスポーツからのお知らせ

お知らせはありません。

お知らせをもっと見る

野球コンテンツ

プロ野球実況LIVE

プロ野球実況LIVE

プロ野球全試合の開始から終了まで実況配信!コメントを書き込んでみんなで一緒に楽しもう!

PAGE TOP